ポケットWi-Fiを使う時のエリア検索の方法を解説しています!

この記事では、

ポケットWi-Fiを使う時のエリア検索の方法

をまとめています!

 

★これから初めてポケットWi-Fiを契約しようと思っている方、
★いつも使っているエリアとは違う場所でポケットWi-Fiを使おうと思っている方

には是非見て頂きたいです!

 

どのポケットWi-Fiの会社を使うとしても、
あなたが使いたい所で「エリア外」だと、
使いたくても使えません!

 

なので「エリア検索」で自分の使いたい所で
ポケットWi-Fiが使えるかどうかは必ず確認してください!

WiMAX2+(UQ WiMAX・GMOとくとくBB WiMAX2+など)の場合のエリア検索の方法

GMOとくとくBB UQ WiMAX エリアチェック都道府県地図トップ

本家の「UQ WiMAX」や「GMOとくとくBB WiMAX2+」などは、
全て「WiMAX2+」という通信サービスを利用しているので、
WiMAX2+を使っている会社の通信エリアは、

 

全て本家の「UQ WiMAX」の「WiMAXのサービスエリア」ページを利用して、
使いたい所がちゃんと「エリア内」かどうかを確認してください。

 

確認方法には、

①地図を拡大・縮小して絞り込んで"大まかに"確認できるタイプと、

 

②住所・番地を指定し、細かく絞り込んでいく

ピンポイントエリア判定」があります。

 

あなたが使いたい場所が決まっていて、
住所も調べることができる場合は、
②の「ピンポイントエリア判定」を強くオススメします!

 

手順をご紹介しますね。

 

ここでは「香川県高松市庵治(あじ)町1」という住所が、
WiMAX2+のエリア内かどうか?を確認します。

 

①まず調べたい都道府県を選んでクリック。

GMOとくとくBB UQ WiMAX エリアチェック都道府県地図トップ

 

②市町村名をクリック(この場合"高松市"をクリック)。

 

GMOとくとくBB UQ WiMAX ピンポイントエリア判定 高松市を選択

③町名(この場合"庵治町")をクリック。

 

GMOとくとくBB UQ WiMAX ピンポイントエリア判定 庵治町を選択

④番地の数字(この場合"1")をクリック。

 

GMOとくとくBB UQ WiMAX ピンポイントエリア判定 番地数字を選択

すると、

GMOとくとくBB UQ WiMAX ピンポイントエリア判定 △の場合

のように、判定結果が表示されます。

 

この画像のように「△」になった場合は、
ちょっとでも場所が変わると、
WiMAX2+が通じなかったりして、
不安定な状態だということなので、

 

「確実に繋がるとは限らないよ」という解釈でいると
間違いがありません。

 

完全に通じない(エリア外)の場合は、

GMOとくとくBB UQ WiMAX ピンポイントエリア判定 エリア外の場合

このようにはっきり「現在エリア外です」が出るので、
この場合はその住所で使うのは
残念ながら諦めたほうがいいですね。

 

でも2019年現在では、スマホのエリアにも
迫るほどの広いエリアになってきているので、

 

山奥や人口の少ないエリアで無い限りは、
おおよそ各県の都市部では使えると思ってもらって
間違いありません。

 

 

Pocket Wi-Fi(ワイモバイル)の場合のエリア検索の方法

GMOとくとくBB UQ ワイモバイル 機種別エリア確認 Pocket Wi-Fi版

 

「Pocket Wi-Fi」は、格安スマホの
「ワイモバイル」のサービスとなるので、

エリア検索ページは、ワイモバイルのページにあります。

 

しかしちょっとワイモバイルの場合はエリア検索が特殊です。

 

このように「機種別」でエリア検索のページが用意されています。
ある意味かなり親切です。

 

GMOとくとくBB UQ ワイモバイル 機種別エリア確認 スマホ版

 

Pocket Wi-Fiのエリア検索ページは、
↑ページの下の方にありますので、
少しスクロールして下さい。

GMOとくとくBB UQ ワイモバイル 機種別エリア確認 Pocket Wi-Fi版

こんな感じで表示されるので、
まずは、あなたが使っている(or あなたが契約しようとしている)
ルーターを選択してください。

 

ここでは2019年4月発売の「801HW」
(ファーウェイ製)を選んでみました。すると、

 

このように都道府県地図になるので、
まずはエリアを調べたい都道府県を選択!

GMOとくとくBB UQ ワイモバイル 機種別エリア確認 都道府県地図選択

 

まずは大まかに地図でエリアが表示されるので、
この地図を拡大して「おおまかに」
エリアを調べることができます。

 

また、住所・施設名などで絞り込んでいくことが
ワイモバイルでも可能になっています。

 

 ※が、しかしワイモバイルでは、
WiMAX2+のように、
番地まで詳しく絞り込んでいくことができません!
あくまで「おおまかなエリア判定」しかできませんので、
そこはわかった上で、ワイモバイルは
契約するようにしてくださいね。

地域名・キーワードで探す

 

表示地域を移動する

 

ここでは「都道府県」をまず選んで、

「市区町村」

(→住所に「字」(あざ)を含む場合はさらに選択)

と選んで「地図を移動する」をクリックしてページの上に戻ると、

のように、地図が指定した住所に自動で移動してくれるので、
どこの住所でもまずは大まかにエリアを知ることが可能です。

 

住所や施設名から探す

 

こちらはWiMAX2+の「ピンポイントエリア判定」に
近いエリア検索方法です。

 

「住所」で調べる場合は、直接エリアを調べたい住所を
入力することで地図が移動してくれます。

 

ここでは試しに「香川県高松市庵治町」と入力してみましょう。

GMOとくとくBB UQ ワイモバイル 機種別エリア確認 住所や施設名から探す 高松市庵治町版

このように地図が移動してくれました。

GMOとくとくBB UQ ワイモバイル 機種別エリア確認 住所や施設名から探す 高松市庵治町版2

 

このように、WiMAX2+とPocket Wi-Fi(ワイモバイル)で、
微妙にエリア検索の方法が違います。
また、ワイモバイルはWiMAX2+のように、
番地まで正確にエリア判定を行うことができないので、

 

「本当にこの住所ではワイモバイルのPocket Wi-Fiは使えるの?」
という不安が残ったままとなります。

こういった点からも、
同じポケットWi-Fiならば
安心してエリアチェックのできる
「WiMAX2+」がおすすめですね!

おすすめポケットWi-Fiルーターベスト3

Speed Wi-Fi 5G X11
Speed Wi-Fi 5G X11 イメージ画像
日本が誇るNEC製ルーターで色んな意味で安心!大本命の5G対応ルーター
自宅内でも外でも使い倒せる高コスパルーター! 遂にNECからも5G対応機種が登場!! 4000mAの高用量バッテリーに高速規格のWi-Fi6にも対応! 充電も連続待ち受けで約520分もつので外出時にも安心! クレードルと合わせると電波も改善が期待できるWウィングも健在!
Speed Wi-Fi HOME 5G L12
Speed Wi-Fi HOME 5G L12
NEC待望のホームルーター!固定回線代わりに最適!
NEC待望のWi-Fi6に対応したホームルーター!
QRコードなどでかんたん接続完了!
専用スマホアプリ (NEC WiMAX2+ Tool)で、現在の通信量 ・電波状況・通信モードの切替などもワンタッチでその場でできる!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事