スマホを見ながらパソコンをする女性

この記事では、

「オンラインゲームをポケットWi-Fiで楽しむためには、
どんな事に気をつけるべきか?」

「オンライゲームをするのにおすすめなポケットWi-Fiは?」

について解説しています!

オンラインゲームをポケットWi-Fiでやりたい!
と考えている方は必見!

オンラインゲームに一番大切なのは「速度の安定性」

カフェでアイスコーヒー飲みながらパソコン

カフェでアイスコーヒー飲みながらパソコン

オンラインゲームを楽しむためには、

通信が安定していること」が何より重要になってきます!

 

オンラインゲームは動きが激しいものが多いため、
確かに通信量も多いので、
通信量もチェックするべきですが、

 

そこよりも「映像が途切れない」事が重要です。
いつも動画を見ている時とはちょっと違いますね。

例えばこういった例を見てみて下さい。

 

 

こちらはルーター+クレードル
+有線でつないだ上での検証動画ですが、

 

速度制限がかかっている状態での検証」という
ところが大事なポイントです!

 

WiMAXは速度制限がかかると
1Mbps」に制限されるため、

 

YouTube動画を見ることはできても、
果たして激しい動きのオンラインゲームが
動くのかどうか?は気になりますよね?

 

この動画のように、カクカクとなることは
ほぼなく、意外にも描画が安定しており、
プレイになんの支障もないことがわかりました!

 

もちろんこれは「うまくいっている例」なので、
ゲームによっては「速度制限」にかかっていると、
うまくいかない場合もあります。

 

例えば、下記コーナーで検証として紹介している、
モンスターハンターフロンティアZ」での推奨速度は、
1Mbpsとなっており、
確かに、ギリギリプレイできるよ!と書いてありますが、

 

なんとかできる、という感じなので、
できれば速度制限は避けるように、
うまく1日のプレイ時間を調整したほうがいいですね!

 

そこでもう一つ、オンラインゲームを楽しむのに
重要な要素があります!それは…

回線の「Ping値」を測定してオンラインゲームができるかどうか確認

RBB SPEED TEST Ping値表示例_2

Ping値」というのは聞いたことあるでしょうか?

 

Ping値」とは、回線のサーバーとルーター側との
通信量のやりとりのスムーズさを表す値
です。

 

もっと言うと、
データ通信の"往復"がどれだけ回数多くor少なく済んでいるか?
を表す値です。

 

わかりやすい例として、
スマホの回線速度測定アプリとして有名な、
RBB SPEED TEST」の画面をご覧ください。

RBB SPEED TEST Ping値表示例_2

こんな感じで「Ping 46」と表示されています。
Ping値は50以上あると快適とされているので、
ギリギリ合格ですね。

 

この値が「小さい」ほど、
データのやりとりの往復が「少ない」ということになり、
スムーズにデータがやりとりされている、

つまり速度が早い!ということです。

 

つまり「Ping値」が少なければ少ないほど、
オンラインゲームには適した回線環境
だということです。

 

オンラインゲームを楽しむ前に、
まずは、あなたが今使っているポケットWi-Fiルーターの
「Ping値」の平均をとってみることをオススメします!

 

ポケットWi-FiのPing値は、
先程の速度測定アプリ
RBB SPEED TEST」でタップするだけで簡単に測定できるので、
まずは↓からインストール!

 

 

PCなどでQRコードを使いたい方はこちら

QR Code
QR Code
AndroidアプリiPhoneアプリ

 

こちらがメイン画面です。

RBB SPEED TEST 初期画面

 

そして「測定開始」をタップするだけで、
あとはしばらく待つだけで、

RBB SPEED TEST Ping値表示例_2

 

このように下り・上りの回線速度とともに、
Ping値も表示されるので、
まずはPing値チェックから!

 

オンラインゲームをポケットWi-Fiで楽しんでいる人の口コミは?

パソコンで仕事をしている画像

では実際に既にポケットWi-Fiを利用して、
オンラインゲームを楽しんでいる人は、
どのように感じているでしょうか?

ポケットWi-Fiだと、買い切りのゲームも
外でも中でも楽しめますので、
課金がどうしても気になるソーシャルゲームに
ハマってしまった人にとってもいいみたいですね!

 

https://twitter.com/KiraxKilig/status/1103542341703426049?s=20

 

この方はうまくWiMAXの速度制限の事を
勉強されて、うまくポケットWi-Fiで
オンライゲームを楽しんでおられるようですね!

 

後にも書いていますが、

あなたのプレイしたいオンラインゲームが、
どれくらいの時間プレイすると、
どれだけのデータ通信量がかかるのか?

 

を把握しておくことは重要です!
そうすれば、何も考えずにプレイしまくって、
明日には速度制限普通のネットに支障が出る、
ということも避けることができますからね!

 

 

これも非常に参考になるツイートですね。

 

SoftBank AirはあくまでもソフトバンクのLTEを
そのまま利用することと、WiMAX2+も
場所・時間・タイミングなどで速度は違ってくるので、
販売員さんとやらも、ちょっと知識不足ですね。

 

ただ、真に受けても鵜呑みにしてもいけない所もありまして、

「ポケットWi-Fiがソフトバンクの回線より上だ」と
言い切ってしまってるのも、

「半分正解で半分違います」!

 

遅い・速いというならば、具体的に数値の
データを出さないと、信ぴょう性が薄まります。

 

同じ場所で測定しても、
ソフトバンクのLTEが20Mで、
WiMAX2+は10Mというのはよくある話です。

 

それにオンラインゲームの場合は、
速度だけでなく、安定性も重要です。

 

速度数値データが出ていない場合は、
全部鵜呑みにせず、必ずあなた自身の目で確かめること!

 

なので実際のあなたの使いたい場所での
ポケットWi-Fiの速度がわかる
Try WiMAX」は必ず試してほしいですね!

 

 

 

 

 

こちらはWiMAX2+でもオンラインゲームが
十分プレイできるという事を示してくれているツイートです。

ゲーム実況をしたい方に向けての回答のようですね。

 

WiMAX2+は1Mbpsの速度を維持しますから
「速度が1Mあればプレイ可能」と言っているゲームは
全てプレイ可能なはずなのです。

 

これからポケットWi-Fiでオンラインゲームをしたいと
思っている方にとっては安心できるツイートですね。

 

 

 

 

こちらはポケットWi-Fiで任天堂のオンラインゲームである
「switch」に参戦できた、というツイートですね。

 

光回線が速度が安定しているのはもちろんそうだしベストだと思いますが、
オンラインゲームをやりたい人というのは、
「どこでもゲームをしたい!」という欲求が大きいはずです!

 

だからカバンに入れて持ち運べて便利な
ポケットWi-Fiが欲しい!という方は多いんです!

 

なので、入院されていて、時間のあるゲーム好きな方が、
ポケットWi-Fiでも人気のSwitchができるとわかった時は、
とても嬉しかったと思いますよ!

 

これも非常に参考になるツイートでした!

 

 

こちらは実際にポケットWi-FiでPS4がプレイできるか?
を試してみた方のサイトを引用したツイートですね。

 

速度制限という厳しい条件下の中、
実際のデータと共に非常に参考になると思いますよ!

 

 

こちらは、ポケットWi-Fiのメリットもデメリットも
ちゃんと指摘されている良ツイートですね。

 

WiMAX2+もスマホほどではないものの、
固定回線を持ち歩きたい!というユーザー層を多くつかんでいるので、
時によってはものすごく混む場合もあるので、

 

そういった時こそ、空いているチャンネルを
すぐさま選ぶことができるWiMAX2+のルーターは便利です!

 

 

 

ジャニーズに興味ないよという方に簡単に説明!

 

2020年12月31日をもっての活動休止を2019年1月27日に発表した
嵐ですが、そのメンバーの1人である
「二宮和也」さんは、無類のゲーム好きで知られています!

 

仕事のないオフの時は、とにかくゲームをしまくりだそうです!
そのゲーム好きのエピソードを同じ嵐のメンバーの
「相葉雅紀」さんがレギュラーラジオで語ったというのがこのツイートです。

 

二宮さんと相葉さんとの関係は深く、

嵐が1999年に「A・RA・SHI」でデビューする前のジャニーズJr.時代の頃に、
総武線で一緒にレッスンに通っていた、

いわゆる「総武線仲間」だということは嵐ファンの愛称である
アラシックの間では「常識」です。
通称「にのあい」(二宮の"にの"+相葉の”あい”)です。

 

この記事的には「ゲーム好きの人にとっては、
ポケットWi-Fiが必需品」である事を示したいのはもちろんですが、

 

私個人的にも、このエピソードがとても微笑ましくて、
是非ご紹介したいなと思いました!

 

二宮さんがWiMAXなのかワイモバイルなのかはさすがにわかりませんが、
ゲーム好きがどこでもオンラインゲームをするために
選んでいるのが「ポケットWi-Fi」だという事実

すごく説得力がありますよね。

 

ゲーム好きな人がまともにゲームできないようなポケットWi-Fiを
好き好んで選ぶわけがない
ですからね。

ポケットWi-Fiでオンラインゲームは厳しいという口コミも見てみよう

では一方でポケットWi-Fiではオンラインゲームは厳しいのでは?
という口コミや評価を見てみましょう。

 

 

ここで「ラグ」というワードが出てきましたね。

 

ラグ」とは「時間差」の意味で、
これが大きいほど、動きがカクカクしてしまい、
まともにプレイすることができなくなります。

 

逆に言うと、このラグを少なくするには、
速度そのものが速いことだけでなく、

 

「速度が安定していること」が重要になってきます。

 

いきなり1Mになったり、5Mになったりと不安定だと、
ちゃんとスムーズなデータの受け渡しが困難になるため、
できるだけラグは防ぐ!というのが常識となっています。

 

ここで重要なのは、
たとえ1Mでも速度が"安定していること"」です。

 

山あり谷ありの速度だとダメで、
ずっと平地を歩いているような速度変化だと、
たとえ1Mだったとしても安定してプレイが可能です。

 

これが「ユーザーが殺到して混んでいる状態」だと、
もっとラグがひどくなり、プレイ不可という状態に陥ります。

 

これを防ぐためには「空いているチャンネルに切り替える
のが一番速い解決方法です!

 

NEC製の「WX05」なら、液晶画面のタップだけで
空いているチャンネルを調べて、すぐに変更できるので、
オンラインゲームにも最適なWi-Fiルーターなんです!

 

 

 

これはおそらく初めてオンラインゲームをするための
「データやアップデートのダウンロードに時間がかかった」
というツイートです。

 

これがどこの場所でどの時間帯で
ダウンロードしようとしたのかはわかりませんが、
ちゃんとダウンロードする前に、
その場所での「現時点での回線速度」を測っていれば、

 

ここではちょっと遅すぎるから場所かチャンネルを変えよう
となるはずなので、
もしあなたがこれからオンラインゲームを始めるなら、
最初はデータのダウンロードの時間が必要」ということを
まず頭に入れておいてください。

 

そしてその場での「回線速度」を「RBB SPEED TEST」などで測定し、
回線速度が遅い「時間帯」や「場所」は避けるべきですね。

 

回線速度がわからないなら対策のうちようがありませんが、
アプリなどですぐに速度がわかるので、
速度が安定しているところで、ダウンロードは行いましょう。
それだけで解決です。

 

 

 

こちらは2019年に発売されたWiMAX2+の最新機種に関するツイートです。

 

WiMAX仙人さんによると、
リアルタイム性の高いゲームは光回線がおすすめだそうです。

 

確かにポケットWi-Fiのデメリットは、
「他人が多く使っている所では混んでしまう」ということですね。

 

光回線だと、同時に多くの人が使用しても、
余裕がありますから、最適だということだと思います。

 

よって、ポケットWi-Fiでどんなゲームでもオッケー!
というのは過信ですし、失望する前に、まずは

 

あなたがやりたいゲームが速度が1Mbps程度でも問題なくプレイできるか?

 

を必ず確かめてから、ポケットWi-Fiでのオンラインゲームを検討してみてください。

 

必ずどのゲームにも「推奨環境」「動作環境」みたいな注意書きがあります。
こんな感じで。

 

モンスターハンターフロンティアZ ハイグレード動作環境

こういう情報を必ずチェックした上だと、
「このゲームなら大丈夫だな」
「このゲームは速度制限がかかると無理なゲームだな」

 

ということが判断しやすくなるので、
必ず「動作環境」「推奨環境」は要チェックです!

 

以上いろんな声を拾ってみました!

 

 

速度制限を避けるために気をつけるべきこと

パソコンを操作する女性の画像

ただし、速度に関する不平・不満の書き込みは、

 

毎月の制限・3日で10GBによる制限開始
という条件を全く深く考えないで
とにかくゲームをやりまくった結果であって、

WiMAX側のせいでもなんでもないんですね。

 

3日で10GBいくと制限をかける、というのは、
契約時に口酸っぱく画面で書いている
ので、

 

それを把握していないというのは、
今どき通りません!

 

オンラインゲームのような激しい動き、
通信量が多くなることが予想される通信を
ポケットWi-Fiで行うなら、

 

初めから速度制限にならないように、
防止策をとるべき
です!

 

さすがに速度制限の「1Mbps」では
快適なオンラインゲームはきついところもあるので、

まずは、

「何分・1時間オンラインゲームをプレイすると、
どれだけの通信量を消費するか?」を把握すること
から始めたほうがいいですよ。

 

オンラインゲームのデータ通信量を把握して、快適にゲームを楽しむ!

オンラインゲームの通信量を把握しながら、
というのは、メリットも多いんですよ。

例えば、

「今日はゲームで2GB使っちゃってるな、
だから、もう今日はオンラインゲームやめておいて、
明後日またやろう!」

 

という風に、ゲームの休憩も兼ねて、
1日だけでもゲームをする日をなくすと、
データの3日分の通信量もリセットされる
ので、
また快適にオンラインゲームをプレイすることができます!

 

毎日ガンガンにオンラインゲームをやろうとするから、
毎日速度制限に遭ってしまう
のです。

 

1日だけでも休めば、
WiMAX2+の場合なら、速度制限がリセットされるので、

なんの問題もなくまたゲームができるので、

簡単な解決策は、
「せめて1日間だけでも、オンラインゲームを我慢・休みましょう!」
ですね。

 

その休憩の間に、
やらないといけない事をやっちゃいましょう!

その方が有効な時間の使い方もできますし、
ゲームも楽しめます!

 

実際にGMOとくとくBB WiMAX2+の回線を使ってオンラインゲームをプレイしてみた!

モンスターハンターフロンティアZ ハイグレード動作環境

ちなみに、この記事を書くにあたって、

1つのオンラインゲームをガンガンにプレイした際に、
どれだけ通信量を消費するのかを試してみました!

 

これからポケットWi-Fiでオンラインゲームをしたい!
という方の参考になるはずです!

 

試したオンラインゲームは、大人気ゲームの

モンスターハンター フロンティアZ 」です!

そしてプレイ環境は、

・Windows 8
・Core i5 (第3世代)
・VAIOのノートパソコン(2014年に中古で購入)
GMOとくとくBB WiMAX2+(ギガ放題)
・メモリ4G+4G
・プレイ時の回線速度 1Mbps

 

動作環境は2013年当時のノートPCなので、
ギリギリといった感じです。

 

また、あえてWiMAXが速度制限になっている途中の
「1Mbpsほどしか速度が出ていない時」でプレイしてみました!

 

RBB SPEED TEST WiMAX速度制限時の下り速度

2019年時点では、かなり古い部類のPCになりますが、
古いスペックでも、快適にプレイできるという
証明を確認頂けたらなと思います!

 

プレイ時間は「1時間」です。

 

 なおプレイが初めてでしたので、
最初にデータ・アップデートなど1~2GBを
ダウンロードした上での数字
です。

 

プレイ設定はあえて負担のかかる
「High Grade Edition」モードという条件のもと、とにかく1時間集中して
プレイし続けました。

1時間GMOとくとくBB WiMAX2+の回線でオンランゲームをプレイしてみた結果は?

 

まず「モンスターハンター フロンティアZ」プレイ前は、
9.59GBでしたが、

モンスターハンターフロンティアZ プレイ前通信量画像

 

1時間みっちりプレイ後は、
初期ダウンロードの1~2GB程も加えて、12.93GBに増えていました。

 

RBB SPEED TEST ゲームプレイ前速度_2

これはかなり増えていましたね。
プレイ途中もフルHDの画面にいっぱいで表示されっぱなしなので、
かなりの通信量がかさんだのではないかと推測されます。

 

ですが、実際に1Mbpsほどしかない速度で、
なおかつ2013年当時の古いスペックのパソコンでも、
たびたびカクカクなって不安定ということもほとんどなく、
無難にプレイができましたよ!

 

もちろんこれが常に戦闘シーンのような
激しい動き・描写ばかりだとそうもいかないと思いますが、

 

「速度1Mbps」でもオンラインゲームのプレイは可能!
という結論
に達しました!

 

なので、おおよその通信量を事前に把握しておいた上で
プレイすれば、もちろん速度制限が防げますし、

たとえ1Mbps程度に制限されても、
プレイは可能なので、

 

WiMAX2+の電波状態が良好でありさえすれば、
問題なくポケットWi-Fiでオンラインゲームはできます!

オンラインゲームにおすすめなポケットWi-FiルーターはNEC製「WX05」だ!

WX05画像

これで安心できたので、ポケットWi-Fiを契約したいけど、
どのルーターがおすすめか?というと、

 

やはり「データ通信量をすぐに確認できるルーター」がいいわけです!

 

それが「Wi-Fiビジュアルステータス」を搭載している、
NECの「WX05」です!

WX05 Wi-Fiビジュアルステータス

 

いくら1Mの速度制限中でもオンラインゲームの
プレイができるといっても、
無線LANの基地局の電波が混雑した状態では、
さらに下がってしまうことは明らかなので、

 

できるだけ「空いた状態の無線LANのチャンネル」に
繋いでネットをする必要があります。

 

WX05」ならば、すぐに液晶画面で
どこのチャンネルが空いているかがわかり、
さらに空いているチャンネルに1タップで変更できるので、
快適なネット環境を維持したままでオンラインゲームを楽しめます!

 

 

これからポケットWi-Fiを始めるなら「GMOとくとくBB WiMAX2+」

先程ご紹介した機種は全て「GMOとくとくBB WiMAX2+」でも使えます!


GMOとくとくBB WiMAX2+なら、 「ルーター代金無料!」

「月額料金割引と高額キャッシュバックから選べる!」

「UQモバイルと同時利用でさらに月額割引!」

「全国どこでも送料無料&最短即日発送で急な利用にも適応!」

と多くのメリットがあります!



高額キャッシュバック詳細はこちら!



初月からお得な月額割引はこちら!


GMOとくとくBB WiMAX2+
さらに2019年3月1日より、さらにわかりやすい
新料金プラン「Smafi WiMAX」がスタート!

ギガ放題が月額3590円のみというシンプルなプランです。

なんかWiMAXの料金プランってややこしくてよくわからない…
という考えだった方も、

月額は3590円!以上!
という感じでとてもシンプルなので、
この「Smafi WiMAX」でポケットWi-Fiデビューするのが いいと思いますよ。

是非この機会にGMOとくとくBB WiMAX2+で 快適なネットライフを過ごしてみませんか?


おすすめポケットWi-Fiルーターベスト3

Speed Wi-Fi NEXT WX05
日本が誇るNEC製ルーターで色んな意味で安心して使い放題回線を使える!
自宅内でも外でも使い倒せる高コスパルーター! WiMAXハイパワー機能で受信&速度安定! 無線LANが混んでる時もチャンネル変更機能で一発解決! 充電もノーマルモードで約11時間もつので外出時にも安心! クレードルと合わせるとビームフォーミング機能で 自宅内での電波状況が30%改善します!
Speed WiFi NEXT HOME 01
NEC待望のホームルーター!固定回線代わりに最適!
NEC待望のホームルーター! 高性能ワイドレンジアンテナで Wi-Fi受信感度を50パーセントアップ! WiMAXハイパワーの同時使用で家の届きにくい場所にも 確実に電波を届ける!専用スマホアプリ (NEC WiMAX2+ Tool)で、現在の通信量 ・電波状況・通信モードの切替などもワンタッチでその場でできる!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事