GMOとくとくBB WX05 クレードル画像

ポケットWi-Fi」という呼び方は、

そもそもワイモバイルという会社が元々、
現在のような「格安スマホ」がメインの会社になる前から
発売していたルーターの名称(Pocket WiFi)からきています。

 

でも今では実質「ポケットWi-Fi」という呼び方は、
ワイモバイルの「Pocket WiFi」も「WiMAX2+」どちらもまとめた呼び方になっています。

なので、ワイモバイルの「Pocket WiFi」と
ワイマックスの「WiMAX2+」と混乱してしまう人もいるかもしれませんね。

 

では実際に使い放題の回線を手に入れたいとして、
ワイモバイルの「Pocket WiFi」と、
「WiMAX2+」のどちらの回線を選ぶべきなのか?
を解説します!

 

まず先に結論を言ってしまいますが、
「ワイマックス」を選ぶことを強くオススメします!
その理由は以下の4つです!

ワイマックスをおすすめする理由①「Pocket WiFi」と「WiMAX2+」の回線が違う種類だから

「Pocket WiFi」と「WiMAX2+」では、
そもそも回線の「種類」が違っています。

 

「Pocket WiFi」は、現在ソフトバンクの傘下に入っているため、
ソフトバンクの電波(FDD-LTE方式かAXGP方式)を使っています。

なので、ソフトバンクの電波が通じるところなら
原則使える、という事ですね。

 

逆に言えば、

あなたの活動範囲でソフトバンクの電波状態が
「悪い」ならば、「Pocket WiFi」の電波状態も悪い

という事になります。

 

携帯の電波をそのまんま使うということは、
ソフトバンクユーザーが多い場所は、
どう考えても基地局が混んでしまうので、

たとえ速度制限になっていなくても、
速度が遅い!という事になってしまいます。

 

携帯電波と同じ形式を使っている以上、
これは避けることができません。

 

一方「WiMAX2+」は、スマホの電波アンテナとは
また別にアンテナが建っていて
そこからWiMAXの電波を受信しています。

 

つまり「スマホの電波状態」とは関係がないんです!
そのため、携帯が混んでいてもワイマックスは
良好に通信ができる!というわけです。

ワイマックスをおすすめする理由② 回線の「実際の速度の違い」が明らかに大きいから

速度のイメージ画像

「Pocket WiFi」と「WiMAX2+」の速度面での違いは
こんな感じです!

WiMAX2+Pocket Wi-Fi
最大速度1.2Gbps(W06で条件付き)
440Mbos(W05)
612Mbps(2019年現在)
速度制限1日3GBか3日で10GB1日3GBか3日で10GB
制限時の速度1Mbps128Kbps
 制限が終わるのは1日後 月末まで回復しない
(アドバンスプランを
追加契約していない場合)

 

Pocket WiFiは、2019年3月から最大972Mbps
(2019年3月より大都市圏で開始)となるものの、
通常は612Mbps(603HW利用の場合)。

 

WiMAX2+は、最大で1.2Gbps(※W06利用時)と、
最大速度でも差がありますが、

 

Pocket WiFiが972Mbpsの最大速度になるには、
2019年3月より発売の機種の
「別売りのUSBケーブルの購入」が条件であり、
実際に普通の無線LANで通信すると、
最大568Mbpsまで落ちてしまいます。

 

いくらこの最大速度が実際に出ることはないとはいえ、
「速度のキャパシティが無い」ということになりますから、

 

速度を重視するならは、
絶対にワイモバイルは「無い」
ということになりますね。

 

ワイマックスをおすすめする理由③「ワイモバイルは使い放題回線ではない!」

カフェでアイスコーヒー飲みながらパソコン

ここでちょっと疑問がわきませんか?

ワイモバイルの「Pocket WiFi」だって、
「ポケットWi-Fi」の仲間なんだから、
実質使い放題でネットできるんじゃないの…?と。

 

実はここがワイマックスを強くおすすめする最大の理由です!

 

ワイモバイルの「Pocket WiFi」は、
「使い放題ではない!」のが事実なんです。

 

実際にワイモバイルのホームページでも、

のように、1ヶ月の通信量は「7GB」までです。
これ以後は「128Kbps」に制限されます。

 

高速通信を復活させたければ、
料金追加で払ってくださいね、ということなんです。

 

しかもこの速度制限は、通常契約(Pocket WiFiプラン2のみ契約の場合)、
のままだと「月末まで復活しません!

 

なんと不便なのでしょうか…

 

またワイモバイルの「Pocket WiFi」で使い放題にするには、
アドバンスオプション」(月額684円)に追加加入する必要があります。

 

 ※この時点で、ほぼWiMAX2+のギガ放題(3980円)を
超えてしまう
(プランB 3696円+684円=4380円)ので、
料金の有利さはなくなっている事に注意!

 

7GBを超えても、ソフトバンクに使っている電波
(AXGPかFDD-LTE)を利用することで、
なんとか使い放題を維持しています。

 

これなら確かに「見た目は使い放題」にはなります。

 

それでも3日で10GBを超えると、
結局は速度制限を受けて128Kbpsになってしまうので、

 

アドバンスオプションの意味があるのか?

という疑問符がついてしまうんですね。

 

もちろんWiMAX2+も、1日3GBを超えて速度制限に
かかってしまってすぐに高速通信を復活させたい時には、
追加料金を払う必要はありますが、

 

まる1日待てば、その翌日には、
制限がリセットされてまた高速通信に戻ることができます。

 

WiMAX2+なら…

→元々の実際の速度が高い
→速度制限を受けても、翌日には高速通信復活できる
→速度制限を受けても「1Mbps」はあるので、
YouTube動画は見れるレベル

 

これがPocket WiFi(ワイモバイル)なら…

→元々の実際の速度が低い
→速度制限を受けると月末まで復活しない
→速度制限を受けると「128Kbps」まで下がるので動画も満足に見れない

 

なので、どう考えてもワイマックスのほうが有利なんです!

 

ワイマックスをおすすめする理由④ 新規契約時にキャンペーンがない

ワイマックスの本家「UQ WiMAX」やWiMAXの代理店では、
新規の契約者を獲得するために、
様々な特典を契約者に用意しています。

 

それが「高額キャッシュバック」や「月額割引」なんですね。

 

しかしワイモバイルの「Pocket WiFi」は
新規入会者向けのキャンペーンはほとんど行っていません。

 

本家のソフトバンクではよく新規向けにキャンペーンを
行っているのに何故か「ポケットWi-Fi」では全然です。

 

なのにも関わらず、速度制限もキツイ、速度も遅め、
なのに月額料金もそんなに変わらないでは、
あえて「Pocket Wi-Fi」を選ぶ理由がないんです。

 

この「お得感の"なさ"」で、
ほぼ完全に「Pocket WiFi」を
あえて今選ぶ必要性は消滅しました。

 

なので、初めてポケットWi-Fiを選ぶなら、
WiMAX2+」で間違いありません!

 

おすすめポケットWi-Fiルーターベスト3

Speed Wi-Fi 5G X11
Speed Wi-Fi 5G X11 イメージ画像
日本が誇るNEC製ルーターで色んな意味で安心!大本命の5G対応ルーター
自宅内でも外でも使い倒せる高コスパルーター! 遂にNECからも5G対応機種が登場!! 4000mAの高用量バッテリーに高速規格のWi-Fi6にも対応! 充電も連続待ち受けで約520分もつので外出時にも安心! クレードルと合わせると電波も改善が期待できるWウィングも健在!
Speed Wi-Fi HOME 5G L12
Speed Wi-Fi HOME 5G L12
NEC待望のホームルーター!固定回線代わりに最適!
NEC待望のWi-Fi6に対応したホームルーター!
QRコードなどでかんたん接続完了!
専用スマホアプリ (NEC WiMAX2+ Tool)で、現在の通信量 ・電波状況・通信モードの切替などもワンタッチでその場でできる!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事