エリアが広い安心して使えるポケットWi-Fiを教えて下さい!

ポケットWi-Fiを契約するなら、
よりエリアが広い環境で使いたいですよね?

 

もちろん各ポケットWi-Fi会社のエリアマップを
確認すればおおよそはわかりますが、

 

それだけだと
「本当に私の使いたい所でポケットWi-Fiが使えるのか?」
まではなかなか詳細にはわかりません。

 

そこでこの記事では、

 

「実際に各社ポケットWi-Fiのエリア地図を見比べて、
どこなら安心してエリアが広く使えるのか?」

 

がわかるようにしています!

 

東京・大阪などの大都市圏では、
優先的に高速通信環境が整備されるので、
もちろんエリアも細かく整備されます。

 

なので、どこのポケットWi-Fi会社でも
エリアが細かいことは明白なので、
比較しづらいところがあります。

 

そこで、この記事では地方都市の
香川県高松市」での
各社のエリアを例にあげて解説しています!

 

 

香川県高松市ではWiMAXとワイモバイル(Pocket WiFi)どちらがエリアが広い?

まずポケットWi-Fiの代表格である「WiMAX」のエリアマップを
確認してみましょう。
通常の「地図から選ぶ」方法で、香川県高松市を検索してみました。

UQ WiMAX エリア検索 地図から選ぶ

まずこんな感じで、山の上など以外は、
ほぼカバー率90パーセント以上は確実ですね。

UQ WiMAX エリア検索 香川県高松市 広域エリア

一方ワイモバイルの「Pocket WiFi」のエリアです。

ワイモバイル エリア検索 香川県高松市 広域エリア

こちらも一見カバー率優秀!という風に見えます。

例えば、「香川県高松市庵治町」という、
瀬戸内海が目の前のところで、
WiMAXのエリアと、ワイモバイルのエリアを比べてみましょう。

 

UQ WiMAX エリア検索 香川県高松市庵治町

UQ WiMAXの「高松市庵治町」エリアマップ

ワイモバイル エリア検索 香川県高松市庵治町
ワイモバイルの「高松市庵治町」エリアマップ

 

このようにワイモバイルの場合、
山奥や海辺のポケットWi-Fiの電波が届きにくい所では、

「4G LTE」の電波を利用して、
うまくカバーしているので、
エリアの広さが勝っているように見えるということですね。

 

※ただし庵治町自体での人口は少ないので、
これがどれほどWiMAXに比べて有利なのか?
は実際に現地で使用してみないと
わかりません。これは全国どこの土地でも一緒です。

 

ワイモバイルのPocket Wi-Fiは、

都市部⇒「使い放題でネットができる
⇒「アドバンスモード」がメイン。通常モードも両方使える。
(AXGP/TDD-LTE ワイモバイルのポケットWi-Fiの無線専用電波)

地方・山奥など⇒「高速通信できるが7GBまでしか使えない
⇒「通常の4G通信」(LTE-AXGP ワイモバイルのスマホ用でも使われるLTE電波。)

 

という風に、2つの電波を使い分けています。

 

通常の4Gエリアで地方・山奥をカバー
+都市部はアドバンスモードで

 

という方法でエリアを広くしているので、
地図上だけで見ればワイモバイルが有利なように見えます。

 

ただし、これだけでワイモバイルがエリアが広くて安心できる、
と考えるのは早いですよ。

 

エリアマップを見て、何かお気づきになりませんか?

 

ワイモバイルのエリアマップは、
「縮尺が広いままで細かくわからない」
ようになっていませんか?

 

ワイモバイル エリア検索 香川県高松市庵治町

この画像での縮尺が実は「最大の拡大」なんですね。

 

実際にワイモバイルのエリア検索ページに行って
確認してみてください。

 

 

いかかでしょうか?
本当にこの縮尺までしか拡大できなかったはずです。

 

つまり、

 

「このエリアマップを見ただけでは、
本当に使いたい場所でピンポイントでワイモバイルの
ポケットWi-Fiが使えるかどうかはわからない」

 

ということです。

 

「使いたいところでのエリアがすぐにわからない」
というのはものすごく不安
じゃないですか?

 

いくら4Gのエリアでも使えるといっても、
通常エリアは「7GBいくと翌月まで128Kbps」の
速度制限の対象となってしまうため、
おちおちと使い放題ではネットが使えないということになります。

 

 

一方でWiMAXでは、●●市という大きなくくりだけでなく、
「町名」「番地」など細かい所まで
絞り込むことができるようになっていますので、

GMOとくとくBB UQ WiMAX ピンポイントエリア判定 庵治町を選択

GMOとくとくBB UQ WiMAX ピンポイントエリア判定 △の場合

 

例えばあなたの自宅住所まで絞り込んでいくと、
「あなたの自宅でWiMAXが使えるか?」が
一発でわかるようになっています。

 

普通は「エリアが広いか?」
「自分の使いたい所はエリア内かな?」
というのを確かめるには、
ほぼ「エリアマップ」で確認するはずです。

 

いちいち電話などで問い合わせしませんよね?

 

問い合わせセンターに聞けば
確かに細かいエリアに関しては
回答してくれると思いますが、
あなたは仕事などでそんなに暇じゃないはずです。

 

なので「ワイモバイルのPocket WiFi」は、
エリアマップが少し不親切
なので、
例え4Gでエリアをカバーしているとしても、
おすすめはしにくいですね。

 

「本当に使えるか?」という不安を感じたまま
ワイモバイルを契約するならば、

 

番地までエリア検索を絞ることができる
「WiMAX」でポケットWi-Fiを始めたほうが
ベスト
だということですね。

 

契約前でもエリア確認が細かくできて
安心して使えるポケットWi-Fiは、
「WiMAX」
という結論になります!

 

これからポケットWi-Fiを始めるなら「GMOとくとくBB WiMAX2+」

先程ご紹介した機種は全て「GMOとくとくBB WiMAX2+」でも使えます!


GMOとくとくBB WiMAX2+なら、 「ルーター代金無料!」

「月額料金割引と高額キャッシュバックから選べる!」

「UQモバイルと同時利用でさらに月額割引!」

「全国どこでも送料無料&最短即日発送で急な利用にも適応!」

と多くのメリットがあります!



高額キャッシュバック詳細はこちら!



初月からお得な月額割引はこちら!


GMOとくとくBB WiMAX2+
さらに2019年3月1日より、さらにわかりやすい
新料金プラン「Smafi WiMAX」がスタート!

ギガ放題が月額3590円のみというシンプルなプランです。

なんかWiMAXの料金プランってややこしくてよくわからない…
という考えだった方も、

月額は3590円!以上!
という感じでとてもシンプルなので、
この「Smafi WiMAX」でポケットWi-Fiデビューするのが いいと思いますよ。

是非この機会にGMOとくとくBB WiMAX2+で 快適なネットライフを過ごしてみませんか?


おすすめポケットWi-Fiルーターベスト3

Speed Wi-Fi NEXT WX05
日本が誇るNEC製ルーターで色んな意味で安心して使い放題回線を使える!
自宅内でも外でも使い倒せる高コスパルーター! WiMAXハイパワー機能で受信&速度安定! 無線LANが混んでる時もチャンネル変更機能で一発解決! 充電もノーマルモードで約11時間もつので外出時にも安心! クレードルと合わせるとビームフォーミング機能で 自宅内での電波状況が30%改善します!
Speed WiFi NEXT HOME 01
NEC待望のホームルーター!固定回線代わりに最適!
NEC待望のホームルーター! 高性能ワイドレンジアンテナで Wi-Fi受信感度を50パーセントアップ! WiMAXハイパワーの同時使用で家の届きにくい場所にも 確実に電波を届ける!専用スマホアプリ (NEC WiMAX2+ Tool)で、現在の通信量 ・電波状況・通信モードの切替などもワンタッチでその場でできる!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事