駅を発車する電車

この記事では、ポケットWi-Fiの速度を調べるのに
おすすめなサイト
をまとめています!

 

なんかポケットWi-Fiの速度遅いなー?
今どれくらいの速度なんだろう?

 

と疑問に思った時は、この記事に
おすすめの計測サイトを紹介しているので、
参考にしてみてくださいね!

 

※また、各測定サイトを使って、
実際にポケットWi-Fiルーターの
WX05」で測定した画像を載せていきます!

 

測定環境は、

★2014年中古購入のSONY VAIO 15E
★CPUは、Core i5(第3世代)
★メモリは、4G+4Gの2枚
★無線LANの対応規格は、
IEEE802.11の「n」まで。
高速規格の「IEEE802.11 ac」には未対応のパソコン

 

という条件で測定していますので、
あなたのネット環境の速度とは
必ず異なります。

 

また、同じ回線でも、
同じ測定サイトで何度か測っても、
必ず違う回線速度になりますので、
あくまで参考程度にどうぞ!

 

速度計測おすすめサイト①「Wild Speed」

WildSpeed トップページ

 

こちらを私はよく使っています。

ページを開いたら、「測定開始のボタンを押すだけ」です。

WildSpeed 測定開始ボタン

 

30から40秒ほど待つと、
「下り速度」「上り速度」が並んで表示されます。

WildSpeed 測定結果1

最もシンプルに、しかも結果が分かりやすく
表示されるので、最もおすすめできる
測定サイトです!

速度計測オススメサイト②「BNRスピードテスト」

BNRスピードテスト トップページ

 

こちらも長年利用され続けている測定サイトです。

このサイトだけの特徴として、

「Flash版」と「Flash未対応版(画像読み込み版)」の
2パターンの測定ができる
ことです。

 

BNRスピードテスト Flash非対応端末用 画像読み込み版

 

なのでパソコンだけでなく、

Flash未対応のiPhone・iPad、
Flashが無効になってしまった、
Android 6.0以降のスマホなどでも
測定が可能になります。

 

こちらも「測定開始」を押すだけで
速度がわかります。

こんな感じで結果が表示されるんですが、
ちょっと数字が小さく見えませんか?

BNRスピードテスト 測定結果

 

赤文字で実際の推定速度がわかるようにはなっていますが、
ちょっと測定結果が見にくいかな…と正直思いますね。
デメリットはそれくらいで、
測定結果も速くでますよ。

あまりおすすめできない速度測定サイト③「USEN」

USEN スピードテスト トップページ

 

こちらは「有線放送」の「USEN」が運営している
速度サイトです。

 

なんで有線が速度測定サイトをやっているのか?
というと、画像の通り、光回線を扱ってもいるからなんです。

 

なので丁寧に「フレッツ光」の人用と、
「それ以外の回線」の人用と分かれています。

 

今回は「WiMAX」の速度を測定するので、
右側の「フレッツ光以外の方はこちら」をクリックしてみると…

USEN スピードテスト Flashが有効になっていない場合の画像

あれ?Flashが必要だと書いてありますね…

 

※この測定ページは、Flashを無効にしている
Chromeなどのブラウザの場合、
測定の画面が全く表示されないので、
Flashの許可の手間が増えるのが大きなデメリットです。

 

Google Chromeの場合は、
「鍵マーク」をクリックして「許可」をクリックして、

USEN スピードテスト USENページでのFlashを有効にする

ブラウザのアドレスの一番右側のマークをクリックして、
「安全でないコンテンツを読み込む」をクリックすることで、
初めて測定のためのFlashが表示されるので、

 

全然スマートじゃないんですね。
今すぐ速度を知りたいのに、
ぶっちゃけ面倒くさいんですね。

 

 ※そして、肝心の速度ですが、
「本当にこれ正しい!?」という速度が出る場合があるので、
「BNRスピードテスト」や「WildSpeed」に比べて、
実効速度の信憑性に疑問符が付きますね。

 

なのですぐに速度を知りたい場合、「USEN」はあまりおすすめできません。

「WildSpeed」か「BNRスピードテスト」のほうが
手間もかからず、かなり実測に近い速度が出てきますから、

 

できるだけ正確に、かつ手軽に速度計測をしたいなら、
WildSpeed」か「BNRスピードテスト」で決まり
です!

スマホでポケットWi-Fiの速度を計測するなら?

RBB SPEED TEST Ping値表示例_2

RBB SPEED TEST」というアプリが長年人気で、
下り速度・上り速度だけでなく、
スムーズにデータの受け渡しが
できているかを判定できる「Ping値」もわかります。

 

上記2つの測定サイトはどちらかというと
PCを使う時用と言えますが、

 

まさに今すぐに回線速度を測りたい!
という時は「RBB SPEED TEST」一択
です!

 

Ping値」が大きい場合は、
それだけデータを受け渡しがスムーズにできていない
=速度が遅くなる、ということになるので、

 

WX05」などの無線LANのチャンネルを変更できる
機能を使ってうまく混んでいる基地局から逃げるか、

WX05 Wi-Fiビジュアルステータス

あるいは、割り切って場所を変えて基地局を変えるかですね。

 

RBB SPEED TEST」をインストールしておく事によって、
その場でポケットWi-Fiの速度が遅いと感じても、

すぐに「どうやったら速度が早くなるか?」の
対策をうつ事ができるので、

 

よく外でポケットWi-Fiを使う、
あるいは、これから外にポケットWi-Fiをどんどん
持ち出して使っていきたい!と思っている方は、
必ずインストールしておくことをおすすめします!

これからポケットWi-Fiを始めるなら「GMOとくとくBB WiMAX2+」

先程ご紹介した機種は全て「GMOとくとくBB WiMAX2+」でも使えます!


GMOとくとくBB WiMAX2+なら、 「ルーター代金無料!」

「月額料金割引と高額キャッシュバックから選べる!」

「UQモバイルと同時利用でさらに月額割引!」

「全国どこでも送料無料&最短即日発送で急な利用にも適応!」

と多くのメリットがあります!



高額キャッシュバック詳細はこちら!



初月からお得な月額割引はこちら!


GMOとくとくBB WiMAX2+
さらに2019年3月1日より、さらにわかりやすい
新料金プラン「Smafi WiMAX」がスタート!

ギガ放題が月額3590円のみというシンプルなプランです。

なんかWiMAXの料金プランってややこしくてよくわからない…
という考えだった方も、

月額は3590円!以上!
という感じでとてもシンプルなので、
この「Smafi WiMAX」でポケットWi-Fiデビューするのが いいと思いますよ。

是非この機会にGMOとくとくBB WiMAX2+で 快適なネットライフを過ごしてみませんか?


おすすめポケットWi-Fiルーターベスト3

Speed Wi-Fi NEXT WX05
日本が誇るNEC製ルーターで色んな意味で安心して使い放題回線を使える!
自宅内でも外でも使い倒せる高コスパルーター! WiMAXハイパワー機能で受信&速度安定! 無線LANが混んでる時もチャンネル変更機能で一発解決! 充電もノーマルモードで約11時間もつので外出時にも安心! クレードルと合わせるとビームフォーミング機能で 自宅内での電波状況が30%改善します!
Speed WiFi NEXT HOME 01
NEC待望のホームルーター!固定回線代わりに最適!
NEC待望のホームルーター! 高性能ワイドレンジアンテナで Wi-Fi受信感度を50パーセントアップ! WiMAXハイパワーの同時使用で家の届きにくい場所にも 確実に電波を届ける!専用スマホアプリ (NEC WiMAX2+ Tool)で、現在の通信量 ・電波状況・通信モードの切替などもワンタッチでその場でできる!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事